読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

社労士に頼まず障害年金受給が決定したよ1

メンタル関係
スポンサーリンク

(2016/08追記:2014年末に申請して2015年2月に決定した話です。)

 

この度、私アリカワ、障害年金2級の受給が決定しました。 

月々6万円ほどですが、他に収入がないケースが多い我々メンヘラにとっては大きな額です。

ということで、僕が障害年金を得るまでの道のり、これから申請する人へのアドバイスなどを書いていきたいと思います。

障害年金とは

基礎、厚生等あります。受給の条件、書類の貰い方なども詳しくはこちらのページに書いてありますので、ご覧ください。

結構面倒ですが、頑張って自分で貰うか、親族等にお願いするかして手に入れましょう。

 

僕の話

僕は20歳と数ヶ月から発症しました。当時はパニック障害やうつ病など色々言われていましたが、総合的に「社会不安障害」と診断されました。(これが後に痛いことに…)

 

当時は学生だったので、年金は申請して払ってませんでした。

そのままスルーしてても良かったのですが、年金の納付期間の関係で申請出来ないパターンもあるので、今となっては当時ちゃんと申請しててよかったです。

 

2012年頭にハローワークで障害年金のことを知り、ちょうどその頃、障害者手帳も受けました。(3級)

当時の先生によると、僕の条件だと年金は厳しいとのことで、申請すらしませんでした。

確かに今回申請する時よりも元気で就労に制限はありましたが、普通に外に出たりも出来ました。現在は二級に相当するような、誰かの手が無いと生きていけないくらいになってしまっています。

 

そして2014年、地元に帰ったものの、病状が良くならず、金銭的にも厳しいから年金を申請させてくれと先生に言ったところ、無事OKが出たので申請することになりました。(ただし、この先生も通らないかも…と言っていた) 

 

動き出した

まず、何はともあれ、書類が必要です。自分で行っても良かったのですが、幸い、母が協力的でして、役所関係はすべて母に任せました。(社労士に頼らなかったのは母のおかげもある)

 

尚、社労士に頼めば、この面倒な書類の取り寄せなどもやってもらえるので、お金に余裕があったり、自分や家族が動けない場合は素直に頼むのもいいと思います。

 

最初に役所に行って、「障害給付裁定請求書、診断書、受診状況等説明書、病歴就労状況等申立書」を貰いました。

 

この際、委任状、年金手帳や印鑑、障害者手帳を持って行きました。(詳しくは電話で聞いてから行った方がいいです)

 

最初に初診日証明を得る

書類を無事に手に入れたので、初診日を証明する書類を得なければなりません。僕の場合は、県外だったため、電話で初診の証明を取りたいと言って、確か郵送で3000円くらいかかった気がします。

 

同時進行で他の書類も書く

書類の取り寄せに時間が掛るので、この間に他の書類を書きました。病歴就労状況等申立書に関しては、ネット上にある情報通りに書きました。 

あとは診断書(これは現在かかっている先生が書く)と請求書。請求書に関しては最後に書きました。

 

診断書を書いてもらう際のポイント

実際色んな書類や証明が必要ですが、一番大事なのはこの診断書。医師がどう書くかによって決まります。

多くの患者は先生と上手にコミュニケーションを取れていないようで、僕もその一人でした。

 

そこで、社労士が医師にお願いする時に渡す、「現在の病状」を紙に書いて渡します。

「どうしたのそれ?」と言われるかも知れませんが、素直にネットで調べたというのもどうかと思いますが、まぁそこら辺は臨機応変に。

 

2に続く。

 

社労士に頼まず障害年金受給が決定したよ2 - アリカワブログ

 

---今回の話に関係ありませんが、お金が無いので僕が利用しているサイトを紹介---

↓サンプル百貨店、ウィルキンソン炭酸など安くてオススメです。↓

ads by 忍者admax