読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

なぜGooseHouseは人気があるのか?それは「テラスハウス感」にある。

日記
スポンサーリンク

GooseHouseを批判する記事があったのですが、僕は彼らは神田莉緒香ちゃんがいた頃から好きです。

そんな僕は彼らがどちらかと言うと好きな方なのですが、その周りのファンの痛さみたいなのは苦手だ、というタイプの人間です。

今回、なぜGooseHouseが人気があるのかとう言う点に絞って書いてみたいと思います。

GooseHouseとは

 

↑この動画のように数名の男女が動画やUstreamなどで音楽を披露する集団。歌う曲の選曲、メンバーのリア充っぽい演出、メンバーの組み合わせなど色々考えて活動しています。Sonyかなんかの企画PlayYouHouseが前身。

 

人気の理由は

純粋に歌や演奏が上手い。そして選曲がいい。(元々流行っているポップソングのカバーなので万人が聴きやすい)

そしてテラスハウスのようなノリ。このテラスハウス感は、実際に一緒に住んでいるのかは分からないけど、リア充男女同士が仲良さそうに音楽を楽しんでいる、ファッション的にもテラスハウスっぽいおしゃれさ、部屋のおしゃれ感などから見て取れます。

 

テラスハウス感は重要

何度かテラスハウス感と書いたが、今の若者はテラスハウス、またはそれに準ずるテラスハウスっぽいものが大好きなのです。事実、ただの男女が一緒に住んでおしゃれな日常を送るだけの番組、テラスハウスは大人気だったし、映画もヒットしました。

 

僕が問題視しているのは、このテラスハウス感満天のファン。頭を空っぽにして、ただ受動的に流されてくるものを消費し、自らをテラスハウスの住人であるかと勘違いしているような層。周りの目ばかり気にして自分を持たない層。しかし若者のエネルギッシュで消費活動が活発な層もこの所謂「テラスハウス感」を大事に生きている層。ここにターゲットを絞ったGooseHouseは見事だと思います。

 

このテラスハウス感を大事にしている層というのは、実にチョロい。

 

テラスハウス弁当、テラスハウスおにぎり、テラスハウスワインなど、何でもテラスハウスという名前が付けば受け入れてしまうような層。

 

僕が今後ビジネスを展開するのであれば、この層に対して「テラスハウス感」をゴリゴリに押し付けたコンテンツを作ると思います。

 

きっと彼ら彼女らはテラスハウス感があるというだけでそのコンテンツを消費するだろうから。

 

まとめ

なんかGooseHouseとは関係なくテラスハウスの話みたいになってしまったし、僕が何かを言いたい訳ではなく、ただ単に「テラスハウス感」というワードの語彙力、響きの良さを気に入り、たくさん使いたかっただけだというのはここだけの話。

 

ads by 忍者admax