読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

カメラやPhotoshopの色空間の設定はAdobeRGBにしてみよう

カメラ・Photoshop
スポンサーリンク

6000円で買ったものがオークションで15000円になってホクホクしてるアリカワです。

今日もカメラ関係の話です。

 

色空間、カラースペースなどといった言葉を耳にしたことがありますか?

カメラを弄ったりPhotoshopを弄ったりしている人はご存知だと思いますが、もし知らない方がいたらこの機会に設定を見なおしてみましょう。

sRGBとAdobeRGB

何個かあるのですが、主に使われてるのがこの「sRGB」と「AdobeRGB」の2つです。

別にどっちを使っても構わないのですが、どうせだったら「AdobeRGB」を使うことをオススメしたいです。

下の画像を見て下さい。

f:id:menheraneet:20150626121805j:plain

この三角形が使える色って感じです。sRGBよりAdobeRGBの方が青から黄緑にかけての範囲が広いですよね。

メリット・デメリットもあるのですが、とりあえずAdobeRGBを使っておけば困らないかなぁと思います。

f:id:menheraneet:20150626122004j:plain

 

設定方法

ということで、カメラやphotoshopの色空間の設定を見なおしてみましょう。

今回は買ったばかりのEOS Mですが、他の機種でも同じ感じです。

メニューを開いたら「色空間」だったり「色空間」だったりの設定があるので、それがデフォだと「sRGB」になってることが多いので「AdobeRGB」に。

数十秒で終わるのでやっておいて損はないと思います。

f:id:menheraneet:20150626120246j:image

 

次にPhotoshop。

Photoshopだと「編集」→「カラー設定」で作業用スペースのRGBを「AdobeRGB」に。

こちらもすぐ出来る設定なのでやっておきましょう。

f:id:menheraneet:20150626121204j:plain

 

ディスプレイも対応しているなら設定した方がいいとは思います。

僕がメインで使っているMBAはsRGBしか対応してないのでそのままで。

環境設定から一応AdobeRGBに変えられますが、Macにお任せということで。

 

とか色々書いてみたけど、正直この色空間に関してはそんなに詳しくないっていうねw

 

 ↓こんな感じの本を一冊手にとってみると詳しくわかると思います。

ads by 忍者admax