読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

秋の夜長で暇なら星空を撮影しに行こう!

カメラ・Photoshop
スポンサーリンク

秋になると夜空を見上げがちなアリカワです。

今日はいつもと違い上品な記事を書いてみたいと思います。

 

先日(8月末)に夜空が綺麗だったので深夜11時頃に外に出て星空を撮影してみました。

その時の写真と星空の撮影のポイントでも書いてみます。

 

必要なもの

・三脚(必須)

・レリーズ(2秒後にシャッターが切れるアレがあるなら不要)

・カメラ(コンデジでもいいと思います。極力センサーサイズが大きいほうがいいかと)

 

撮影方法

夜空に向かって三脚固定。

ピントは無限遠から1,2ミリずらした辺りがベストかも知れません。

オートフォーカスしか出来ない機種は、周りにある電柱なんかに合わせるといい感じになります。

最初はISO800、SS15秒、F2.0辺りで撮影し、出来上がった画像を確認して調整してみるといいかもしれません。

撮影画質は一番良いやつ、あるのであればRAWで撮影した方がいいです。(光が足りなくても後からそれなりにいじれるので)

 

撮った画像

f:id:menheraneet:20150902161854j:plain

(ISO800,f4.0,15s,Canon Eos M)

一枚目はこんな感じです。

電柱にピントを合わせた気がします。

色温度はCameraRawで弄りました。

結構良い感じに星が写ってますね。

 

f:id:menheraneet:20150902162458j:plain

(ISO100,F4.0,15s,Canon Eos M)

二枚目。

先程はISO800だったのですが、今度はISO100と、3段落としてます。

結構明るさを弄って明るくしたのですが、限界があり、星の数が減っていますね。

ISO400くらいがちょうど良い環境だったのかも。

 

 

まとめ

二枚なんとかそれっぽいのを撮れましたが、設定は結構適当です。(Rawで撮影して後から調整すればいいや的なノリなもので)

僕みたいに玄関先で適当に撮影してもそれっぽいのが撮れるので、是非チャレンジして欲しいなぁと思います。

 

↓三脚はジッツオ辺りがオススメです。普段使ってても一目置かれること間違いなし!

GITZO 三脚 トラベラー三脚2型4段 GT2542T

GITZO 三脚 トラベラー三脚2型4段 GT2542T

 

 

↓アニオタ的には星空と言ったら星空凛だにゃー!

 

 

ads by 忍者admax