読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

30円で証明写真を撮る方法を伝授するよ!PhotoshopかGimpを利用しよう!

カメラ・Photoshop ライフハック的な
スポンサーリンク

Twitterとはてなのアイコンを変更しました。

f:id:menheraneet:20150917150012j:plain

 

無駄にフチをカッコよくしてみました。

本当は金髪美女と肩を組んだ写真にしたかったんですが…

鹿児島で金髪美女を紹介してくださる人がいたらご連絡お待ちしておりますw

証明写真って高いよね、自分で画像作ろうよ

さて、そんな感じで写真を撮ってサムネを変えたんですが、

これは証明写真を作るついででした。

 

ちょいと証明写真が必要になりまして、

でもスピード写真に撮りに行くのが面倒だったりで、

自宅で撮影することにしました。

 

何かとたまに必要になる証明写真、

今回は30円で証明写真をゲットする方法を伝授したいと思います。

 

用意するもの

必要なもの

・カメラ(携帯でも可。ミラーレスが便利。)

・Photoshop(なければGIMPというフリーソフト)

・30円

 

この3つだけ!

 

撮影する時のコツ

早速撮ってみましょう。

家族などに協力して貰ったほうがいいですが、一人でも可能かと思います。

 

明るい場所で、背景は白い壁がGoodです。

また、壁から70cmから1m離れます。(背景に影が出来ない距離でOK、影ができても後の処理で消せますが、撮影の際にやれることをやってしまうのがベターです。)

 

んで、大きい白いハンカチやカレンダーを手に持って顔が明るくなるように広げます。(レフ板代わり)

 

可能であれば三脚に一眼レフですが、携帯の自撮りでも良いんじゃないかなぁと思います。(さすがに就活用は写真店でスーツで撮りましょうね)

 

カメラの設定は、僕の場合、ISO1600、F5.6、1/30sだったかな?(手持ち)

三脚がある場合はISO感度は極力下げましょう。あとそれなりに絞りましょう。最低F4は必要かと。

携帯、スマホの場合は自動で。

 

そして出来た写真がこちら。

f:id:menheraneet:20150917151238j:plain

背景もいい感じ。Tシャツのままなのは気にしないでw(そんな大事な証明写真じゃないからOK)

ていうかなで肩ひどいなぁwww

 

この撮影の際、上下左右に余白を多めに取っておいて下さい。(僕は結構ギリギリですが…)

 

これで撮影は終わり。バッチリですね。

 

画像処理編

さっき撮ったデータ(RAW)をCameraRAWやLightroomで現像の際にある程度明るさなどを整えてやりましょう。

んで、Photoshopで開いて、お好みで調整。

髪の毛が茶色すぎるとか、目が半開きとか、二重あごとか、直しちゃいましょう。(ダメなんだろうけどw)

背景の処理もしっかりしないとダサいですよ。

 

んで、切り抜き。

今回は3.5×4.5サイズが必要だったので、その3.5:4.5でカット。

f:id:menheraneet:20150917152817j:plain

撮影時に若干顔が傾いていたので、回転をさせつつカットしました。

この時、僕は解像度150dpiでした。

 

さて、これで適切なサイズの顔写真データが出来ました。

いよいよ仕上げです。

 

新規でL版のサイズのファイルを作りましょう。(89:127です。解像度も顔写真と合わせましょう)

f:id:menheraneet:20150917153007j:plain

 

んで、新規ファイルに写真を配置するためのガイドを引きます。

(「表示」→「定規」で定規を出す。メモリのところからドラッグすると線が引けます)

f:id:menheraneet:20150917153127j:plain

 

今回、3.5cm×4.5cmなので、L版の89cm×127cmに4枚収まります。

良い感じに線を引けましたか?

僕は上の画像のように線を引きました。

 

これで顔写真を配置する準備OK。

 

顔写真の方に戻り、新規ファイルの写真配置予定の場所に向けてドラッグ。

 

この状態で、レイヤーが「背景」と「顔写真1」の二枚になってるはずです。

この「顔写真1」を3つ複製しましょう。

 

んで、その都度レイヤーを選んで、配置予定場所にドラッグしていきます。

 

こんな感じになります。

f:id:menheraneet:20150917153721j:plain

 

こうなったら、レイヤーを統合し(一応統合前にPSDで保存する方がいい)、

これをJPGで保存します。

 

 

んで、このJPGデータをUSBやSDに入れて、

家電量販店やスーパーにある写真印刷機でL版サイズでふち無し印刷。

大体これが30円。

 

これで証明写真が30円でゲット出来ます。

 

まとめ

結構面倒だし、人によってはクオリティがアレなので、

お金に余裕がある方はスピード写真や写真店に行くことをオススメします。

 

僕みたいにお金が無いけど時間はあるよ!という方は、是非このやり方でやってみてください。

Photoshopが無い場合はGimpというフリーソフトなどで同じようなことが出来るので使ってみて下さい。そして今はスマホ単品でも出来る人もいるようで。僕は無理ですね。

慣れてない人は時間がかかるかも知れませんが、30円で済むんでオススメですよ。

時間を選ぶかお金を選ぶか。

僕はお金を選ぶというかお金が無いので必然的にこういう方法なんですがねw

 

ということで、ちょっとしたHOW TOでした。

必要になった時に是非やってみて下さい。

 

↓良いプリンターを持ってたり、クオリティに拘らない人は、自宅で印刷すればもっと安くなりますね!↓

ads by 忍者admax