読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

「嫌われ恐怖症」の僕は嫌われないための生き方をしてきました。

メンタル関係
スポンサーリンク

僕は人付き合いにおいて不器用なので、

常に「嫌われない生き方」を模索してきました。 

嫌われる勇気が流行っていますが嫌われたくない

長いことヒットしている「嫌われる勇気」という本がありますが、

僕にはその勇気がありません。(読んでないから内容知らんけど)

 

多くの人は僕と同じく「他人に嫌われたくない」という気持ちを持っているとは思うのですが、僕の場合、特にその傾向が強い気がします。

 

嫌われ恐怖症という対人恐怖症のひとつ

何でも病気や症状として言い表すのはどうかとも思いますが、これは「嫌われ恐怖症」という対人恐怖症の一つのようです。

 

 

具体的には、「嫌いな人からも嫌われたくない」「嫌われたくないから自分を出せない」「とにかく誰からも嫌われたくない」という症状のようです。

まさに僕。当てはまる人、結構多いんじゃないでしょうか。

  

「みんなから好かれたい」のではなく「みんなから嫌われたくない」んですよね。

 

かつての自分の生き方

かつてチャラ男だったと何度か言ってますが、その頃の僕は特にその傾向が強くて、

自分を出さずノリだけで生きていました。みんなと同調する感じで。キョロ充って言われるアレです。

結果、したくない人としたこともあったり後悔もしています。断ったら嫌われるんじゃないかって思ってしまうので。

  

そんな感じで幼い頃から嫌われないための生き方をしてきたので、何でも言える本当に信頼できる友達というのが2人しかいません。

 

先日のブログがリアバレした話に繋がるのですが、もし僕が「嫌われても良い、分かってくれる人だけ好いてくれればいい」という人付き合いをしていたら、

このブログをこっそり運営することも無かったんだろうなぁと、今になって人付き合いの仕方を後悔しています。

 

この記事を書くきっかけ

今月初めにこのブログでちょっとしたボヤが起こったのですが、ネガコメの嵐を見て、「あぁみんなに嫌われてる!」とびっくりしてしまい、4日間まともにご飯が喉を通りませんでした。

道の端っこでいい、ひっそり、平和に生きていきたいなぁって改めて思ったきっかけ、また、この記事を書こうと思ったきっかけでした。

 

 

一方で最近はこの嫌われ恐怖の傾向が以前より多少弱くなってきた面もあります。

普段メンクリに行ってるのですが、先生に「やりたくないことはNOと言う努力を」と言われました。

なかなか実践するのは難しいですが、意識をするようにしてからは少し楽に生きられるようになった気がします。

 

 

なんやかんや書いてこれといったオチはないのですが、「嫌われてもいい、みんなから好かれる必要はない」と思えるようになれたらなぁと思ったり。

 

そんな感じです。以上!

 

ads by 忍者admax