読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

プロが教えるカメラを扱う上でやってはいけない事を3つ紹介します。

カメラ・Photoshop
スポンサーリンク

一応自称カメラマンを名乗っているアリカワです。

 

今回は当たり前のことなんですが、結構守れてない人が多いなぁと思った「カメラを扱う上でやってはいけない」ことを3つ書いてみます。

 

写真教室レベルで習うことなのですが、稀にプロの現場でやらかしてしまう新人(ぼく)がいて思いっきり殴られる、なんてこともあったりするので是非覚えておきましょう。

1.ストラップを床に垂らさない。

下の画像のような感じですね。

f:id:menheraneet:20151006141848j:plain

カメラをぽんと何気なく置いたらこうなっている人いませんか?

高そうなレンズを付けててこうなってる人、よく見ますが、絶対にダメ。

 

引っかかって落下したらカメラが死にます。

くるくるっとストラップを纏めてカメラの横にでも置いておきましょう。

 

カメラに限らず、ストラップが付いたもの全般に言えることなのかな?

 

 

2.交換レンズのマウント側を上に向けない

これも画像を。

f:id:menheraneet:20151006152350j:plain

こんな感じでマウント側を上に向けて放置していたらゴミが入ってしまいますよね。

レンズを外したらすぐにキャップを。

交換する短い時間であっても極力マウント側を下にするなど、ボディ内にゴミが入らないよう、くれぐれも気をつけましょう。

 

ちなみにゴミ問題はブロアーで何とかなったりしますが、ブロアーはプロも愛用しているUNのスーパーハリケーンという商品が非常に評判が良いです。是非。

 

 

3.三脚の足の向き

これはカメラだけじゃなくてライトスタンドなんかもそうなんですが、

カメラの向きに足を揃える、っていうのが基本です。

下の画像はNG例。

f:id:menheraneet:20151006152403j:plain

この画像はミラーレスのカメラなのでいいのですが、200や300mmのレンズをつけたら重さで前に倒れてしまいます。

足が向いてる方向にカメラを向けましょう。

 

言ってることが伝わりにくいかな?と思ったので図も。

f:id:menheraneet:20151006154537j:plain

こういうこと。(絵が下手で分かりにくいw)

足が一本出てる側に向けてカメラも向けましょう、って感じ。

 

 

 

こんな感じで今思い浮かんだ「カメラを扱う上でやってはいけない事」を3つ挙げてみました。

多分、ストラップなんかは結構やってる人が多いと思うので、カメラを置く時はちょっとだけ意識してくれたらなぁと思います。

落下して悲しんだ人も知ってるのでw

 

って感じです。また他にも思い浮かんだら書きますね。

 

↓カメラメーカー以外のストラップって結構好きだったりします。

ads by 忍者admax