読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

すべてがFになる 6話感想。ヒントが続々出てきた!萌絵のワキ舐めたい!

アニメ アニメ毎話感想
スポンサーリンク

今回は6話「真紅の決意」でした。

今回は事件のヒントが続々出てきた回でした。(まぁそれでもまだ全然分からないけどw)

どんどん結末が楽しみになってきました。

以下前回5話の感想過去記事です。宜しければどうぞ。

www.arikawashuhei.com 

-目次です-

あらすじ

一旦事件の解決を見送りキャンプ場に戻った犀川と萌絵。

しかし頭の隅から事件が離れず、結局二人は研究所に戻って事件の真相を明らかにすることに。

事件の際のビデオを見るとエレベーターが動いていることに気付く萌絵。

そして真賀田博士の部屋を調査していると、そこにある本の全てが15巻で終わっていることを発見する犀川だった。

 

----------

 

という中盤まではキャンプ場でのごちゃごちゃ、後半は推理、という感じでした。

 

 

感想・振り返り

タイトルにも書いたように、今回は事件解決のヒントが2つ出てきました。

1つは「殺された真賀田博士が部屋から出てきた際、エレベーターが動いていた」こと。B2となっていた表示が変わっています。

誰かが屋上へ移動した模様。このエレベーターに乗っていた人物が犯人なのかな?

ということは怪しい研究所の山根さん犯人説は消えたのかな?と。

屋上では所長が殺されたので、所長がヘリコプターで帰ってくることを知っていた人物が犯人なんでしょうね。となるとやはり研究所の人物?

 

2つ目は「博士の部屋の本が全て15巻で終わっている」こと。

15=Fifteenということで、「すべてがFになる」に繋がっているっぽいけど、これが何を意味するのかは全然分かりませんでした。

博士が部屋で一人で15年生きてたから15巻まで、というのも謎。

犀川と萌絵は何かを察したようだったけど…。

 

あと最後の「絶対に許さない」の四季と所長が四季の両親を殺すシーン。

あの血の描写が最近のアニメにしては生々しくてビビりましたw

 

てか萌絵はノンアルで酔ってたけど、僕もノンアルで酔った気分になるので分かりますw

でもノンアルって本当に0.00%なんですよね。

僕の記憶だと、0.00のあとの数字が数%アルコールが入ってる、と認識していたのですが、先日アッコにおまかせか何かで、ノンアルは本当に0.0000…%らしいですね。

だから何故酔うのか。不思議ですね。

 

 

ということで画像を数枚。

 

萌絵ちゃんのワキ!疲れて帰ってきた萌絵ちゃん。きっと汗もかいてることでしょう。ペロペロしたい!

f:id:menheraneet:20151113031727j:plain

 

犀川先生老けた?wもっとイケメンだった気がするんだけどなぁ…

f:id:menheraneet:20151113031827j:plain

 

どう見ても怪しい山根さん。でもエレベーターが動いていた時、彼も現場で驚いてたから恐らく彼は無罪。だよね??

f:id:menheraneet:20151113031916j:plain

 

----------

 

ということで、今回はなかなかブラボーな展開でしたね。(山根)

解決に向かっていく感じが良いです。

どんどんこの今までの5週間のモヤモヤをどんどん取っ払って欲しいです。

全11話完結ということで、今回が6話なのであと5回で終わり。

どんな結末になるのか、今から最終回が楽しみです。

 

また来週も楽しみにしましょう。

 

おわり!

 

---------- 

 商品情報

↓原作小説も是非。

BDBOXも予約開始中です。犀川先生のマグカップなど特典多数。是非。 

ads by 忍者admax