読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

「あのさ、いつまでもそうやってウジウジ悩んでないで、さっさと引っ越しすればいいじゃん!」藤沢篤著感想

レビュー
スポンサーリンク

f:id:menheraneet:20161105185445j:plain

藤沢篤さんという「ふじさわブログ」の管理人さんの著書、「あのさ、いつまでもそうやってウジウジ悩んでないでさ、さっさと引っ越しすればいいじゃん!」を読ませて頂いたので感想を。

ちなみにふじさわさんは僕がアリカワブログを始めるきっかけになった人です。

「ふじさわ」という男について語るだけの記事。 - アリカワブログ

最近はブログの外でも活躍されて電子書籍を出し続けてたら最近紙の本として書籍化もされたり、ただただ尊敬です。

今回はそんなふじさわさんの新書の引っ越しの本です。

この本をオススメしたい人

基本的には誰が読んでも楽しめると思うんですが、特にオススメしたい人は、「現状(住居だけでなく生活全般等)に不満を持っている方」やタイトルの通り「引っ越しを悩んでいる方」などなど。

この本では「引っ越し」をテーマに暮らしや人生の送り方などを考えさせられる一冊です。

何か変えたい、そう思っている人は是非読んでみてはいかがでしょうか?

 

感想

ということで感想を少し。稚拙な文章ですが書かせていただきたく思います。

 

引っ越ししたくなる!

まんまと引っかかりやがって!とお思いの方もいらっしゃると思いますが、これ、読んだら本当に引っ越ししたくなるんですよ。

いますぐ引っ越しすべき7パターンの人々、という第二章がありまして、僕はそのパターンに当てはまるところがあって。

最近30歳を迎えたきっかけで意識が少し変わって色々と勉強をするようになりまして。

僕は二十代の半ばから後半にかけて都内に住んでおり、一昨年地方の実家に引っ越しをしたのですが、最近勉強をしたりする中で「また東京の方で暮らしてみたいなぁ」とかと感じることが多くて。

そのタイミングでこの本を読んで、モヤッとしていた「現状を変えたい」という気持ちを後押しされる感じになりました。まぁ引っ越しは今すぐ出来ないんですがね…(後述)

僕の場合はこういう形で「引っ越したい!」と思わされた本でしたが、多分僕と同じように「現状を変えたい、より良く生きたい」なんて思っている人は多分何かしら影響を受けるんじゃないかなぁと思います。

 

しかし僕は現状は引っ越しは不可能…

引っ越しって労力もお金も掛かりますよね。

借金をしてでもさっさと引っ越せばいいじゃん?って感じのノリは僕も否定はしないですし、寧ろ僕自身もそうしたいところではあります。

が、やはり色々と付き纏う問題もありますよね。

例えば僕の場合だと、現在病気療養中の身&他人からの介助が必要ということもあって地元を離れる訳にはいきません。金銭面・精神面等々、諸々の都合で完全な一人暮らしが出来ない状況です。

でも僕は今の病気が寛解し、生活出来る見通しが立てば引っ越しはしたいと思っています。いつになるか分からないけど。

親の介護で引っ越しが簡単に出来ない、などのケースの方も環境を変えたいと思っても僕と同じくなかなか引っ越しは難しいところではありますよね。

他にも社宅だから引っ越しは無理、持ち家だし今更…とか色々と理由があって引っ越しが出来ない人も多いと思います。

ただ、この本ではタイトルや内容が全体的に「引っ越ししようぜ」な感じですが、無理に今すぐ引っ越しをしろと言っている訳ではないので、ご安心を。

メインターゲットがウジウジ悩んでいる人なので、今が最高の環境だ、とか、現状に満足してる(せざるを得ない人も含め)、とかいう人にとっては今はあまり刺さる部分が無いかも知れませんが、もしいずれ引っ越しをするならどういう選択をすればいいのかな?などという悩みを解決してくれる手助けになるかも知れません。

 

地方も都会もそれぞれ良さはあるよね。 

今すぐ引っ越せとか、「田舎/都会に引っ越せ」 とか極端なことは言ってないこの本。

結構この手の話って極端な話をする人が多いじゃないですか?

でもふじさわさんの本(本だけでなくブログなんかもそうですが、ふじさわさんは「読んでいる人(や自身)の人生をより良く」という考え)はそうじゃないんですよ。

田舎にも都会にもそれぞれ良さがあって自分のライフスタイルに合わせてより良い選択を、という感じのフラットな見方をしていて好感が持てます。

色んな形の生活をしてきた(国内の引っ越し回数も多く、海外を何ヶ国も渡り歩いています)ふじさわさんだからこそ書ける本、見える視点なんだろうなぁと思いました。

 

おわりに

何か感想というか何だろこれ状態ですが…現状を変えたい人はまずは「引っ越し」も選択肢に入れてはいいのでは?と思わされる本でした。読んだら納得するかと。

モヤッとしてる人とかウジウジ悩んでいる人はこれを読んでみて欲しいと思いますね。

僕も5年前にこの本に出会っていたら多分引っ越しをしていたかも知れません。

今は難しい状況ですが、引っ越しが出来る体調になったら多分悩まずに決断出来るかも…と思います。

是非。

 

ads by 忍者admax