読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

大型家具家電が無い人はヤマト便とかいうクロネコヤマトの神サービスで激安で引越そう!

おすすめのもの
スポンサーリンク

(2016/08追記)2014/05の話なので、状況などが変わっていることがありますのでご注意ありますのでご注意下さい。また、ちゃんと引っ越した証拠の画像があったのですが、Wordpressからはてなブログへ移行した際に画像が消えてしまいました。申し訳ないです。(追記おわり)

 

あまり表に出てないけど、クロネコヤマトの神サービスのヤマト便というやつの話。

名前は宅急便と似ていますが、同じようで全然別のサービス。

引越しの際に、大きい家具などは売ってしまい、新居で新品で購入などし、必要なものだけダンボールで送るよ、などという人にオススメのサービスです。

小さい家具家電はダンボールなどでいきましょう。

本来引っ越し用のサービスではないのですが、こちらを使って格安で引越しが出来るので、もし僕のように冷蔵庫や洗濯機など大型家具が無い方は選択肢に入れてみて下さい。

ヤマト便とは?

運賃は、お荷物の「総重量」とお届け先の「エリア」により決まります。お荷物1つあたりの「重量」は、実重量を測った上で容積換算(下記参照)を行い、「容積換算重量」と比較して重い方が「重量」となります。(ヤマト便公式より引用)

【容積換算式】

縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280=容積換算重量(kg)

と公式HPにありますが、簡単に言うと、サイズじゃなくて、重さで料金が決まるというサービスです。

上の容量換算式で出た数字と、実際の重さの重い方の重さで料金が決まります。

 

今回僕はこれで引越をしようと決断。

 

実際に送ってみた。

東京から九州へ送ったのは、120サイズが6箱、140サイズ・170サイズが各1箱で合計8箱。

ヤマト便ではこの8個の箱を1つとしてみなします。

 

執筆時点の半年前のことなので容量換算式だったか実際の重さだったか忘れてしまいましたが、ドライバーさんがハンディの機械で測った重さは149kgでした。

 

これを普通にヤマト宅急便だったり佐川だったりゆうパックで送るとなると、15000円以上です。

僕は昔からゆうパック信者と言っても過言ではないくらいの人間なので、全部ゆうパックで頼もうと思いましたが、安さには勝てません。

 

ヤマト便だといくらだと思いますか?

なんと!これだけ送って、9000円ちょい!!

 

安い!いや、正直、ちょっとオマケしてくれないかなぁって思ったんですがね、しっかり測ってましたよ。安いからいいんだけど。

 

ちなみに、集荷が何時になるのか分からないのが難点。

一日家にいないといけないです。不在でも翌日に来てもらえるだろうけど。

 

不満点

ここからは愚痴や不満です。

このヤマト便、電話をしてみるとカスタマーセンターの人もあまり分かってないような感じでマイナーなサービスなんでしょうね。

最初から「宅急便じゃなくてヤマト便で!」って言った方がいいです。

 

ちなみに僕は言ったにも関わらず、途中で話がおかしくなりました。170サイズはヤマト便で、あとは宅急便でいいですか?と。

 

全部まとめて一口でヤマト便で送って下さい、がベターな頼み方なのかな?

 

あとカスタマーセンターの人が、上司か何かに相談?か何かをしてまして、その間ずっと電話繋ぎっぱなしだったんですよ。

 

このカスタマーセンターってフリーダイヤルじゃなくて、ナビダイヤル(0570)で。

 

それが一分30円でして。確か当時はかけ放題もなかったのですが、かけ放題がある今でもナビダイヤルは有料なので注意が必要です。

 

結局集荷以来の電話で10分近くかかりました。

後日契約していたドコモのマイページであるmydocomoで確認したらちゃんと300円請求ってなってて軽く凹みましたw引越しで出費が多い時期なのでね。

 

ちゃんとカスタマーセンターの人もヤマト便についてちゃんと把握してくれると助かります。

そんなこんなで、レポでした。

ads by 忍者admax