アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

カメラ・Photoshop

僕が撮影をする際に「物撮り」じゃなく「商品撮影」と呼ぶ理由。

投稿日:

一応本業はフォトグラファー・レタッチャーの者です。(稼働してないけど)

先日とあるところで「物撮り講座をします」みたいなのを見まして。

これに物申す!という程じゃないんですが、僕は「物撮り」という言葉は使わず、「商品撮影」という言葉を必ず(多分)使います。(写真系の記事も少なくないのでSEO意識しての「物撮り」は使ったかも…と思って過去記事を検索したら使ってなかった!偉い!)

その理由を書いてみます。

スポンサードリンク

別にどっちでもいいんだけどね

最初に書いたように物申したいんじゃないし、別に僕としては正直どっちでもいいんですけどねw(これを言ってしまうとオシマイですがw)

たまーに(僕は遭遇したことないけど)不快に思う人もいるそうなので。

普段から「商品撮影」って言葉を使うようにクセ付けしてた方が余計なトラブルは避けられますよーと。

でも仕事でもなく自分の趣味の撮影でまでわざわざ「物撮り」じゃなく「商品撮影」という言葉を使うのは面倒くさいですし、そこまで拘らなくてもいいかも、ホントに。

お仕事で(スタジオで本格的にとかじゃなくてもちょっとしたカメラ担当みたいな場合も)商品を撮影するときは「商品撮影」って言った方が無難かも知れません。

上司が「物撮り」を連呼しているのに敢えて「商品撮影」をゴリ押しするのも微妙なので難しいですが…。

とりあえず僕が商品撮影と呼ぶ理由を次に書いてみます。

 

スポンサーリンク

クライアントさんからの視点

正直、僕も写真を学び始める前までは「物撮り」という言葉を使っていました。

そこの講師(そこそこベテランの有名なカメラマン)さんが、ある日、「君たち、物撮りじゃなくて商品撮影と呼びなさい」と。

その理由が、カメラマンにとってはただの「ブツ」かも知れないけど、クライアントがあってこその我々の仕事(商業写真家的な)でクライアントからしたらそれは「ブツ」じゃなくて「商品」なんだぞと。

その講師じゃないけど、クライアントさんの前で商品をブツと呼んで怒られたって人がいるそうです。おそろしや。

んで、やっぱり就職した先のカメラマンさんやアシスタントさんも8割(もっと少なかったかもw「ブツちょっと◯◯して!」とか指示されたことあるしなぁw)は「商品撮影」と呼んでいましたね。

ブツと呼ぶ人もいたので別に問題は無いんでしょうが、要らぬ騒動に巻き込まれたくない人はやっぱり商品撮影って呼んだほうがいいかも知れませんね。

 

ということで僕が物撮りという言葉を使わない理由でした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

関連記事です

出会い

管理人オススメの恋活サイト3選

管理人は日々女性を追い求めて生きているおっさんですw

そんな管理人が良いな!と思った恋活サイトを3つ紹介します。

※18歳未満は使えませんのでご注意を!

マリッシュ(marrish)

マリッシュ

無料で始められる恋活サイト/アプリです。

FacebookのIDやメールアドレスなどで登録出来ます。

管理人もここは絶賛w皆様にも良い出会いがありますように。

匿名で気軽に「デジカフェ」

スマホでもPCでもOK。匿名なので気軽に使えます。

日記からの出会いなんかも。

今の時代に合ったサービスかも知れません。

野球好きが集まる「球コン」

同じ野球球団を応援してる人と仲良くなりたいもの。

私は南に住んでて北の球団を応援してるのでリアルではなかなか同じファンを見つけられず。

しかしこちらで同じファンを見つけられました。野球ファンにオススメです。

睡眠アプリ誘導記事した

 オススメ記事です

最近睡眠の質はどうですか?管理人は睡眠導入剤から抜け出し、快適な睡眠を得ることが出来るようになりました。
今睡眠問題で悩んでいる方は下の記事を是非読んでみてください。本気でオススメです。以下画像クリックで記事へ飛びます。

 


-カメラ・Photoshop

Copyright© アリカワブログ , 2018 All Rights Reserved.