Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエット

太りたい人集合!簡単に太る方法はあるの?現役太った男性が解説します!

投稿日:

linkunit

太る方法

私は基本的にいつもダイエットに取り組んでいるのですが、

逆に太っていて羨ましいという人もいることを知りました。

 

確かに痩せるより太る方が難しいという人も多いです。

私としては太るのなんて簡単なんですけどね…

 

ということで、今回は、現役で太っている私が、

太りたい皆さんに向けて、太る方法を紹介していきたいと思います!

太りたい人も多いらしい!太るメリット・デメリットは?

筆者のスペックなどまずは紹介していきます。

 

現役で太っている筆者のスペック

筆者は幼い頃から痩せていたことはありませんでした。

痩せてもせいぜい標準体型まで。学生時代は標準くらいでした。

 

学生を卒業して動かなくなってしまったり、

食事量は以前と変わらないことから、どんどんぶくぶく太っていきました。

 

86年生まれのおっさんで、身長177cm、体重は80〜90kgくらいです。

運動は昔は好きでしたが、今は面倒になり嫌いです。

食事量は平均よりは多いです。また、甘いものを摂ることが多いです。

というのが筆者のスペックです。

 

太りたい人も最近多いらしいです

最近は太りたい人がとても増えているらしいです。

痩せているとどうしても洋服が似合わなかったり、

貧弱そうに見えてしまったり。

 

女性であればより女性らしくなりたいだとか。

痩せている女性も魅力的に感じますが、

近頃は特にぽっちゃりブームが来ています。

また、インスタ映えやナイトプールなどで水着になる機会が増え、

ガリガリであることを嫌う人も多いらしいです。

 

では、太ることのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

太ることのメリット・デメリット

太ることのメリットとデメリットを紹介します。

 

太ることのメリットとしては、ガリガリより洋服が似合ったり、

免疫力が痩せているより高まり風邪を引きにくくなったり、

体力も上がり疲れにくくなったりといったメリットがあります。

 

また、女性であればホルモンバランスが改善・安定して、

生理不順が解消されたりといったメリットもあります。

 

そして、痩せているよりも太っている方が寿命が長いというデータもあります。

(参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28604169(英語サイト)

 

内臓脂肪を付けて太ると高血圧や高脂血症などのリスクも高まりますが、

適度に皮下脂肪を付けて太ることで健康的に長生きすることが出来るようです。

 

一方のデメリットとしては、一般的に「太っている=怠惰」という印象を持たれているため、

良くない印象を持たれる場合が多いことが挙げられます。

 

また、食費も痩せている人よりかかってしまいます。

太りすぎてしまった場合は逆に洋服が似合わなくなってしまったり、

健康を害してしまう可能性も出てきてしまうデメリットもあります。

 

そのため、標準体型〜軽度肥満を目指し、健康的に長生きしていきたいものです。

 

太る方法を現役デブがいくつか教えます!

さて、太る方法を現役デブの私がいくつか紹介していきます。

 

お腹を空かせないでこまめに食べる!空腹は敵!

太っている人は、常に何か口に入っている、というくらい頻繁に何かを食べています。

空腹の時間を作らないことが大切です。

 

太っている人と食事をして「意外とこの人、あまり食べないな」と感じることがありませんか?

一回の食事量はそれほど重要ではなく、食事回数を増やすことの方が大切です。

 

お腹が空いたら何かを食べるのではなく、気がついたら食べる、くらいの気持ちが大切です。

間食を取り入れて1日に何度も飲み食いすると太りやすいです。

 

出来るだけ動かない!でも適度に運動もする!

当然ですが、動くとカロリーを消費してしまいます。

私たちは「摂取カロリー>消費カロリー」にすると太れますが、

この消費カロリーを低く抑えることは太る近道です。

 

いつも階段を使っているならエレベーターを使うとか、

細かい部分から改善していきたいところです。

 

とはいえ、運動のしなさすぎも健康には良くありませんし、

適度な運動は自律神経を整えたり、食欲増進作用もあるため、

程よい運動も取り入れていきたいところです。

1日15分程度のウォーキングなんかが良いとされています。

 

やはり炭水化物(糖質)を多めに摂取

最近では糖質制限ダイエットというものが流行っていますが、

やはり糖質(炭水化物)は太りやすいとされています。

 

糖質は体を動かすエネルギーとして使われますが、

その際に糖質が余ると体脂肪になります。

そのため、糖質を多めに摂ることは非常に大切です。

 

簡単に太るためには、粉飴(マルトデキストリン)という、

消化吸収率が高い糖質を、料理に使ったり、プロテインに混ぜると良いと言われています。

created by Rinker
H+Bライフサイエンス
¥590 (2019/04/17 15:03:59時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん、白米やパンなどの主食でも糖質を摂ることが大切です。

 

甘い飲み物を摂取する

上の糖質を摂ることが大切ということと重複しますが、

甘い飲み物も太りやすいです。

 

太っている人が甘い飲み物を好んで飲んでいるのを目にしたことはありませんか?

甘いコーヒーであったり、ジュース類であったり、

糖質が豊富な飲み物は太りたいのであれば大切です。

 

どうせ飲むなら少しでもカロリー、糖質を摂りたいところです。

ただ、飲み過ぎは糖尿病などの疾病リスクがあるので程々に。

以前紹介したデブドリンクの記事も是非。

デブドリンクという放送作家オークラ考案ドリンクが美味しい!
放送作家オークラ考案!絶対に太るデブドリンクが美味過ぎる!【バナナマンラジオ】

続きを見る

 

腸内環境の改善はとても大切

痩せている人は腸内環境が悪い人が多いとよく言われています。

せっかく食べても腸内でしっかり吸収できずに太れないケースが多いです。

 

よって、腸内環境を整えていくことも太るための近道になります。

酵素系サプリなどで整えるのも良いですし、

ヨーグルトなどの乳酸菌豊富な食べ物を摂ることで整えるのも良いでしょう。

ヨーグルトはタンパク質や脂質も豊富でとてもおすすめです。

 

最も簡単に太るならブドウ糖を直接摂取?

食べ物を分解して、ブドウ糖になり、それをエネルギーとして使い、

余った分が体脂肪に変換されるのですが、

だったら最初からブドウ糖を摂取すれば良いのでは?という話です。

 

実際にブドウ糖は最も簡単に太る方法とされています。

ただし、ブドウ糖で太るのは糖尿病などのリスクが高いため、

止めておいた方が良いかと思います。

適量であれば良いですが、たくさん食べても良いことはないです。

 

まとめ

消費カロリーを抑えて、糖質豊富な食べ物を心がけ、

腸内環境を整えていくことが大切です。

適度な運動もすると良いでしょう。

私からしたら痩せる方法が知りたいくらいなんですけどね。笑

頑張って太っていきましょう!

SNS

関連記事

関連記事です

-ダイエット
-

Copyright© アリカワブログ , 2019 All Rights Reserved.