iMac2020 27インチ松モデルレビュー!AppleSilicon前最後?の安定感はおすすめ!

「iMac2020 27インチ松モデルレビュー!AppleSilicon前最後?の安定感はおすすめ!」のアイキャッチ画像

モバイル保険

iMac2020の27インチ松モデル

 

どうも、エンジニアです。(まだ2年目)

2020年8月、iMac 2020 27インチの松モデルを手に入れました。

今回はこのiMacについて、レビューをしていきたいと思います。

Apple Siliconモデルが出るまで待とうかなぁと思っている方や、

買おうか悩んでいる方はぜひご覧ください。

iMac2020 27インチのスペック・性能・特徴

まず、今回ゲットしたiMac 2020 27インチのスペックを紹介します。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥238,480 (2020/09/18 12:33:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

iMac2020 27インチのスペック・特徴

最初にiMac2020の27インチの松竹梅それぞれのモデルのベースを紹介します。

  梅モデル 竹モデル 松モデル
価格(税別) 194800円 216800円 249800円
CPU(全て10世代) 3.1GHz 6コア Core i5 3.3GHz 6コア Core i5  3.8GHz 8コア Core i7
メモリ DDR4 8GB DDR4 8GB DDR4 8GB
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD 512GB SSD 
グラフィック

Radeon Pro 5300

(4GB GDDR6メモリ)

Radeon Pro 5300

(4GB GDDR6メモリ)

Radeon Pro 5500XT

(8GB GDDR6メモリ)

といった具合です。全モデル27インチはRetina 5Kディスプレイです。

背面はUSB-Aが4つ、USB-Cが2つ、SDXCカードスロット、3.5mmヘッドフォンジャック、Lanコネクタがあります。

Magic Keyboard、Magic Mouseも付属してきます。

 

27インチに関しては以前のモデルからですが、メモリを増設することが可能です。

SO-DIMM DDR4でノート用のメモリです。デスクトップ用を買わないようにご注意ください。

参考に私のものを以下に貼っておきます。16GB2枚入りを2セット購入し、合計64GBにしました。サクサクです。

 

筆者のiMac2020 27インチのスペックは?

さて、私のiMac 2020 27インチに関してなのですが、松モデルの吊るし(ノーマル)をそのまま購入ということになりました。

これに加えて、上で書いたようにメモリ16GBを4枚購入した形です。

※全部社長のお金です。

 

吊るしモデルを買ったのにはちょっと特殊な事情がありまして、

2020のiMacが発売される1ヶ月前くらいに2019モデルをカスタマイズして注文したんですよ。

1TBのSSDにしたり、キーボードをUSモデルにしたり。

そもそもその頃はテレワーク需要や新型控え?で発送が遅く、更にカスタマイズしたことで1ヶ月くらい待たされました。

そしてiMac2019が到着したその日に2020モデルが発表となりました。(最初から新しいの送ってくれよ…)

以下届いた日の喜び。このあと絶望にw

 

Appleさんは返品制度がしっかりしており、当然私も返品できる状態でした。

 

だったらすぐ返品して新しいの買っちゃえば?という話なのですが、

前のMacからデータ移行も済ませ、これからガンガン使っていくぞ!という意気込みだったこと、

外観の変化がないこと、スペックの大きな変化がないこと、

重たいiMacをヤマトの営業所へ持ち込みをしなくてはならないこと、

これらがあって、返品して新モデルにするかどうか悩みました。

 

ただ、せっかく高い買い物ですし、どうせだったら後悔しないよう、1年でも長く使えるように、

ということで新型に変更することになりました。

 

しかし、カスタマイズをするとまた時間が非常にかかってしまいます。

急ぎではないので待てば良いだけの話ではあるのですが、もう結構待たされたということもあり、

松モデルをそのまま吊るしで注文することになりました。

 

どうせキーボードもRealforceを使うしJISキーボードでもええやろ、と。

社長がJIS派なので社長にあげたらええやん、みたいな。

そうして発売日に注文して3日ほどで私のもとへ新型iMacが届いたのでした。

 

なので、時間さえあればSSDを1TBにしてたかなと思います。あとキーボードもUSに。

 

 

iMac2020 27インチを購入した理由・決め手・比較した商品は?

今回、iMac 2020 27インチ松モデルを買った(買ってもらった)理由や決め手を書いていきます。

 

そもそもの購入した理由なのですが、これは社長がご厚意(経費で)というのだったり、

決算とか誕生日とか諸々いいタイミングだったので、という感じです。

 

なぜiMac 27インチなのか?という理由に関しては、

・どうせ引きこもって外に出ない、外で作業することない

・パワーがあってコスパが良いMac

という理由で数あるMacの中からiMacを選んだ理由になります。

MBPを買っていただく予定でしたが、色々と考えているうちにiMacで良くね?となり。

松モデルを選んだ理由に関してはどうせ買うならいいやつを、という社長の考えによって。

 

Macbook Proに関しても良さげかな?と思っていたんですが、家でしか使わないならコスパ悪くね?となりました。

 

なぜMac?Windowsじゃだめ?という声もよく耳にしますが、これに関しては業務の90%はWindowsでも構わないです。

実際に昨年社長からWinPCを頂いて結構使っていました。

ただ、最近XcodeというMacでのみ使えるiOSアプリ開発用のソフトを動かさないといけないケースが出てきました。

また、通常Android開発はWindowsでもMacでも良いのですが、時折Mac以外だとアプリのビルドがうまくいかないなどというケースもあり、Macで統一していこう、みたいな流れもあったため、Macを使っています。

(これまでの仕事環境:Windowsノート(メイン)、iMac2013(サブ)、Macbook2016(サブサブ))

 

iMac2020 27インチを実際に使った感想

松竹梅それぞれのモデルを触った訳ではないのでアレなのですが、

松モデルに関しては「やっぱ松モデルで良かった!」という感じです。

サクサクすぎる。メモリ増設しているのもあるのでしょうが。

そもそものOS立ち上げも爆速、Android StudioやPremiereなどのソフト立ち上げの速さも爆速。

開発中のアプリのビルドや動画の書き出しなど、全てにおいて大満足です。

スリープから復帰する際の動作がやや不安定かな?と思いますが、そこも恐らくアプデで対応されるはず。

 

あとはパワフルすぎる代償なのか、やや時折ファンが煩いことがあります。

MBAやMBPで嫌な思いをしたのでファンの音が大嫌いな私的にはここはNG。

まぁでも割り切れるレベルの音のうるささではあります。

 

あと5Kディスプレイすげぇ。半端ないっす。

 

iMac2020 27インチのメリット・デメリット

今回ゲットしたiMac 2020 27インチのメリット・デメリットについてです。

 

メリット

まず、パワーに対してコスパが良いです。

例えばほぼ同じ値段の16インチMBPのi7版。(248800円。iMac松は249800円)

こちらと比較すると、CPUがMBPは2.6GHzの6コア。iMacは3.8GHzの8コア。

GPUなどもパワーが上です。

持ち運び用とデスクトップの比較ではありますが、パワーとコストを考えるとiMacはコスパが良いです。

 

そして、27インチiMacはメモリが自分で増設可能なのも最高なポイントです。

他のMacbookやiMac21.5インチだと注文時カスタマイズが必須です。

Appleさんの最後の良心と言っても過言ではないです。この部分。

ちなみにデフォルトの8GBから64GBにカスタマイズする場合、

MBPだと+80000円、iMacだと+100000円になります。

自分でやったら30000円程度。これは最高ですね。ありがたい。

増設方法も非常に簡単なのも良いです。

 

あとは先述した通り、5Kディスプレイが最強です。美しすぎる。解像度も完璧。

LGの27インチ5Kディスプレイが15万円程度なので、これを考えるとiMac 27インチはやはりコスパが良いですね。

よく、同じ値段ならWindowsの方が良いマシンが買える、という話を耳にしますが、

iMacに関してはディスプレイの値段やらを考えるとむしろ安いのかな?という気すらします。

まぁでもディスプレイは4Kで必要十分なのかなぁという感はありますねw

27インチは全部5Kなのですが、4Kモデルで価格を抑え気味なラインナップも欲しいですね。

 

あと、デメリットでも触れますが、(恐らく)intel iMacの最終製品になるかと思います。

ということで安定感はめちゃくちゃあります

仕事で使うなら安定感ってめちゃくちゃ大事ですもんね。

暫くは併売されるかも知れませんが、Appleでは自社のApple SiliconというCPUを載せることにすると発表しています。

大きなモデルチェンジはMacに限らず、不具合が多いと言われています。

そういった意味では今出ているintelのiMacは安定しているし買いなのかなぁと思います。

 

デメリット

最大のデメリットは持ち運べないことでしょう。当たり前ですがw

家でも外でも使いたい!という方はiMacは選択肢から外れますが、家でしか使わないならiMac、ありだと思いますよ?

 

そして、iMacの大きなデメリットは一体型という点です。

一箇所壊れたらアウト、パソコンごと修理で困る、みたいな話です。

これはMBPなどノートにしてもそうではありますが、デメリットでしょう。

Mac miniだと自分で多少はいじれますが保証対象外になるし…で、

結局一体型以外となるとMac Proしかなくね?ってなりますね。諦めよう。

 

そしてデメリットといえば価格が高いところでしょうか。

同じスペックならWindowsでより良いマシンが買える、みたいな。

まぁこれも5Kディスプレイを考えるとそんなに高くないんですけどね。

 

あとは端子類がすべて背面にあるのでややアクセスが悪いのもデメリットでしょう。

これに関してはSatechiなどから出ている前面にポートを持ってくるハブなんかを使うと多少解消されます。

 

メリット面でも書いた、(恐らく)最後のintel iMacというのがデメリットに感じる方もいるでしょう。

新しいものが好きな人が多いでしょうし、どうせなら新しいのを、という方もいるでしょう。

iMacなんかだと4,5年は使う人がほとんどだと思いますし、今買うとSiliconを使うまでかなり間が空きますもんね。

安定してるintel Macを選ぶか、新しくて性能も良いかも?なSiliconを選ぶか、悩ましいかと思いますが、

個人的には自分が持っているのもありますがintelをおすすめしたいです。

 

iMac2020 27インチはこんな人におすすめ

最後に、iMac 2020 27インチをおすすめしたい人についてです。

 

おすすめしたい人

・安定したintel iMacを今のうちに買いたい人

・外で作業することがない人

・既にMacbook等ノートを持っていて据え置きが欲しい人

・MacbookProより爆速希望

・コスパが良いMacを探している人

・5Kディスプレイをお気軽に試したい人

などでしょうか。

 

まだ購入してから短いですが、今のところは最高といえるマシンです。

もちろんお金を出せばiMac ProやMac Proなど上位モデルはありますが、

一般人に必要なマシンの中では最高に近いクラスかと思います。

 

コスパが良いとはいえ、安いWindowsノートやChromebookが3万や5万で手に入る現在では高いです。

しかし、重めのソフトを使う人や、より良いスペックを求める人にとってはコスパは良いです。

ゲーム用途であったり、ソフトの種類なんかだとWindowsが勝っている部分も多いですが、

Macが必要ならこの2020モデル27インチはおすすめできます。

今回は社長に買って頂いたものではありますが、サブで使っている21.5インチiMacが故障したら自腹でiMac27インチに買い替えても良いかなぁと思ったりはしています。

 

そんな感じで実際にiMac2020 27インチを手に入れた人のレビューでした。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥238,480 (2020/09/18 12:33:44時点 Amazon調べ-詳細)