Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

モバイル保険

▼マンガ読むならこれ!▼

おすすめのもの カメラ・Photoshop

YONGNUO「YN50mmF1.8」フルサイズ対応激安単焦点レンズレビュー!

投稿日:

linkunit

最近は中国製品の品質も上がってきておりますが、

カメラのレンズも中華商品がどんどん参入してきています。

 

以前このブログで紹介したYONGNUOというメーカーから出ている、

CanonのEFマウントでフルサイズ対応の50mm F1.8のレンズを購入しました。

今回はこの単焦点レンズを紹介していきます。

中国メーカーYONGNUOの中華レンズが安すぎる
中華激安レンズYONGNUOがCanonやNikon本家よりどれだけ安いのか調べてみた!

続きを見る

YONGNUO 50mm f1.8単焦点レンズの値段やスペック・性能

早速、このレンズのスペックなどを紹介していきます。

 

スペック・性能・値段

このレンズは、Canon純正だと一般的に「撒き餌レンズ」とも呼ばれ、

純正であっても10000円〜15000円くらいの安価で購入することが出来ます。

 

一方のこちらのYONGNUO50mmf1.8のレンズは、

Amazonなどで5000円〜6000円くらいで販売されています。

 

YONGNUOには色々なマウントや焦点距離のレンズがありますが、

恐らくこのYN50mmが最安の商品かと思われます。

 

スペックは以下になります。

 YONGNUO YN50mmCanon EF5018STM
重さ120g160g
レンズ構成5群6枚5群6枚
F値1.8〜221.8〜22
最短撮影距離0.45m0.26m

大体似たようなスペックになっています。

純正のEF50mmF1.8STMの1つ前の型のEF50F1.8IIとスペックが近いですね。

以下画像のように、MacのFinderによるExif情報だと、

純正のEF50F1.8IIかその1つ前だと認識しています。

yongnuo50mmの撮影情報

 

しっかりAFも効いて問題なく撮影することが可能です。

しかし、AF速度が遅いという口コミも結構多いです。

 

パッケージや外観

パッケージや外観も一応撮影したので紹介します。

以下のような立方体の箱に入っています。

    YN50mmの外観6

 

側面には中国語で商品名が。うーん…読めなーい!(ハズキルーペの渡辺謙っぽく)

YN50mmの外観2

 

レンズの外観は本家に結構似ている感じですね。ピントリングは薄いのでマニュアル操作は難しい感じ。

 

YONGNUO DIGITALと書かれたレンズキャップとリアキャップも付いてきます。

レンズ径は52mmです。保護フィルターを買う際は52mmを。安いレンズなのでフィルターは不要かなと思いますが。

YN50mmの外観3

 

52mm径の保護フィルターを貼っておきますね。

 

YONGNUO 50mm f1.8を実際に使った感想

さて、このレンズをまだ試し撮り程度しか使っていませんが、

ざっくり使った感想などを書いていきます。

 

YONGNUO 50mm f1.8の感想・感触

私は現在APS-C機しか持っていないので、実際に使ってみると画角が狭く感じました。

標準で50mmなのでAPS-Cだと75mmくらいになるでしょうか。

そのくらいの焦点距離だと人物ポートレートなどに良いのかなと感じました。

スナップをするには狭いので、APS-Cで街中でスナップを撮る方にはおすすめしませんね。

 

35mm F2のレンズも出ていますので、そちらを買った方が良いかと思います。

 

または、純正の24mm F2.8が結構安いのでそちらも良いかも知れません。

created by Rinker
キヤノン
¥17,595 (2019/04/18 16:14:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回YONGNUOの50mm f1.8をミラーレスカメラのEOS Mにマウントアダプターを付けてから装着したのですが、

この組み合わせだとそこそこ軽くて快適だと感じました。

とはいえ、普段このカメラには22mmのキットレンズのパンケーキレンズを付けているため、

機動性はそちらに分がありますね。

22mmと一緒に持ち歩くと便利そうだと思いました。そこそこ明るいレンズですし。

 

YONGNUO 50mm f1.8の作例

EOS M(APS-C)で撮影しました。

 

YONGNUO 50mm f1.8作例1

(ISO100 /250 f1.8)ボケがなかなかキレイです。

 

YONGNUO 50mm f1.8作例2

(ISO100 1/4000 1.8)梅の季節です。

 

YONGNUO 50mm f1.8作例3

(ISO100 1/3200 1.8)安いくせにちゃんと写りますね。

 

(ISO100 1/60 F5.0)

 

(ISO100 1/60 F5)フルサイズで使ってみたいレンズですね。

 

安い割には普通にちゃんと写る良いレンズだなという印象を受けました。

やはりAPS-Cで街中で持つには画角が狭いのでフルサイズで使うと良いレンズかも知れません。

 

YONGNUO 50mm f1.8のメリットとデメリット

このレンズのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

やはり圧倒的な激安価格が最大のメリットでしょう。

純正の1/2〜1/3は素晴らしい値段ですね。

 

また、写りもしっかりしていますし、フルサイズのスナップや、

APS-Cでのポートレートには結構活用出来るのではと思います。

私の場合は特にそのような用途がないので使い道が無さそうです…

頑張ってフルサイズのカメラを買いたいところですね。

 

デメリット

デメリットとしては、AF速度が遅めな点でしょうか。

子供や動物なんかの撮影には向いて無さそうですね。

 

また、中華レンズなので故障時のサポートも弱いかと思います。

そういった面を期待する方は純正が良いでしょう。

値段が値段なので故障したら買い替えた方が良さそうですが。

 

そして、このレンズに限った話ではありませんが、

APS-Cユーザーでスナップ目的の方は画角に不満を持つかと思います。

35mmを買うと良いでしょう。

 

YONGNUO 50mm f1.8はこんな人におすすめ

このレンズをおすすめしたい人は、

YN50mmはこんな方におすすめ

  • とにかく安いレンズが欲しい人
  • 別に純正に拘りがない人
  • フルサイズでスナップをする人
  • APS-Cでポートレートを撮る人
  • AFがやや遅くても気にしない人

という感じでしょうか。

50mmという標準レンズなので使い勝手は良さそうです。フルサイズだと。

APS-Cだとやや狭いので日常使いとしては微妙です。

とにかく安いのでとりあえず1本買ってみてはいかがでしょうか?

Nikonのマウント対応のレンズもあります。

以下今回紹介したレンズです。

 

SNS

関連記事

関連記事です

-おすすめのもの, カメラ・Photoshop
-

Copyright© アリカワブログ , 2019 All Rights Reserved.