アリカワブログ

アラサーおっさんアリカワシュウヘイ。ニートでメンヘラやってます。好きな時間に好きなことを綴るだけ。アニメ、小ネタ、鹿児島情報、レビューなど。どうぞごゆっくり。

メンタル関係

初めてイチジク浣腸(コトブキ浣腸)を使った。注意点などを書く!

投稿日:

※綺麗な話じゃないのでお食事中などの方はブラウザバック推奨です。

これまで軟便気味だったのですが、この記事を書く2ヶ月前くらいからどうも便秘気味に。

便秘薬や処方してもらっている薬でもなかなか便意が出なかったので、遂に浣腸という手段に出てみました。

今回は初めて使ってみた感想や注意点などを書いてみます。

スポンサードリンク

そもそも何故便秘になったのか?原因として考えられるものは?

軟便気味だった僕が何故急に便秘気味になってしまったのでしょうか。

自分で思いつく限り考えてみました。

1.薬の副作用

今回の便秘症状が現れたのとほぼ同時期に通院している病院で薬が変わりました。

精神科に通院しているのですが、「パキシルCR」というお薬を出されるようになりました。(通常のパキシルよりジワジワと効くもの)

他の精神科のお薬と同じように「吐き気、眠気、口渇、便秘」といった症状が出ることがあるそうです。

僕は口渇と便秘が当てはまっていますね。副作用が出たら他のに変えるのが一般的ではありますが、ちゃんとした作用が今までの薬と異なり、僕にはあっているような気がするのでそのままにしております。

その結果、医師からは漢方薬の便秘薬を処方されています。

また、ドラッグストアなどで販売している便秘薬も漢方薬で出ない場合に使うようにしております。

 

2.極度な運動不足

以前僕のTwitterにiPhoneの「ヘルスケア」という機能のスクショを載せたことがありますが、本当に運動が足りていません。

1で書いたパキシルCRがそれなりに今までのお薬と比べて効いてはいるものの、寝たきりの日があったり起きていてもほとんどパソコンを触っている状態で、運動はほぼしていません。

最近はちょっとだけスクワットなどをしていますが、便秘に対しては効果は今のところ無いです。

これも暖かくなってきたので改善したいところです。

 

3.野菜不足

一応、半実家ぐらしで母の料理を食べているので一般的な同世代の独身の方に比べたら野菜は十分に摂っているかと思います。

ただ、僕は基本的に1日に1食しかしないので、1日に350gと言われる推奨されている量は食べているかは不明。結構野菜を摂っている方といえども不足しているかも知れません。

 

以上3点が便秘の原因として考えられます。(特に1点目)

 

実際にイチジク浣腸(コトブキ浣腸)を使ってみた

コトブキ浣腸(イチジク浣腸もほぼ同じだと思います)に関して使ってみた感想や注意点を書いていきます。

 

1.開封時に飛び出るので注意

膨らんだ部分を押さえたまま蓋を外すとピュッと中の液体が飛び出るのでくれぐれも注意してください。

僕が開封した時はこれを知らずに床に数ミリですがこぼしてしまいました。

トイレットペーパーで拭き取りましたが、拭いた後も結構床が滑るのでこぼした際は注意です。

 

2.粘性はあまり無かった

使う際に、イチジク部分が入りやすいように先端から少しだけ中身をケツに塗るといいらしいんですが、思った以上に粘りが無くてサラサラした液体という感じでした。

イメージとしてはもっとトロッとしている印象だったのですが。

一応塗ったら入りやすくはなった気がしますが、サラサラしていたので予想外でした。

 

3.量が多くて半分しか入らなかった

これは体調や体格等個人差があると思いますし、容量も選べるので少ないのから試せばいいと思いますが、僕が選んだ40mlは量が多かった気がします。

半分くらいしか入らず、残った分は諦めて捨てました。

 

4.思った以上に効くので最終手段に

初めて使ったので知らなかったのですが、浣腸って思った以上に効くのですね。

半分しか入れなかったのに心地よい便意を通り越して、猛烈な腹痛になりました。

浣腸を入れて数分我慢しないといけないらしいのですが、その間も猛烈に便意が襲ってくるので大変でした。というか2分くらいしか我慢出来なかったです…。

浣腸だけではなく下剤にしてもそうですが、常用すると腸内の大事な菌まで出してしまうので気を付けたいところです。特に浣腸に関しては最終手段として取っておかねばと思いました。今回は2-3日の便秘で使ってしまいましたが、もっと長引いた際に使うべきなのかなぁと。

 

基本は漢方を使っていきたいところ

さて、今回は漢方、市販の下剤と使って駄目だったので浣腸にチャレンジしてみたのですが、出来るだけ漢方だけで出し切りたいところです。

ストレッチ、運動、食生活、睡眠等々、便秘にならないような生活を心がけていきたいです。

しかし出ない時は出ないもの。我慢しすぎず、使うタイミングを誤らないよう注意したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

-メンタル関係

Copyright© アリカワブログ , 2017 All Rights Reserved.